NEWS RELEASEニュースリリース

NEWS RELEASE
2022年3月22日

お得に商品を購入して「いつの間にか」
フードロス削減に貢献できる通販サイト「SUKUERU(スクエル)」本格始動

株式会社ウィナス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:浜辺 拓)は、フードロス削減に貢献できる通販サイト「SUKUERU(スクエル)」(https://sukueru.jp/)を本格始動いたしますので、お知らせいたします。

このサイトは、賞味期限間近や季節商品の入れ替えなどで店頭に並べられなくなった商品、パッケージが古くなってしまった商品、箱・パッケージのキズやつぶれなどの商品といった訳あり商品を、フードロスの削減に賛同いただける食品メーカー・食品卸売業者よりご提供いただき、福袋形式にてお客様へ販売するインターネット通販サイトです。

■「SUKUERU」サービスローンチ背景

フードロス」と聞くと、家庭で発生している「フードロス」にフォーカスされがちですが、実は食品卸売業や食品メーカーといった"事業で出る廃棄食品"の方が多いのです。農林水産省が発表している「食品ロス量」のデータ(※)によると、令和元年の家庭系の「食品ロス」は261万トン、事業系は309万トンとなっており、事業系は家庭系の約1.2倍であることがわかります。「食品ロス」全体で見ると、平成30年度の「食品廃棄物」は2,531万トンあり、うちまだ食べられる「食品ロス」量は600万トン(実に4分の1近く)を占めています。この問題は、個人個人が、企業が、日本全体で、世界全体で解決に取り組んでいくべき問題として、決して軽視してはいけません。

「SUKUERU」は、食品メーカーや食品卸売業といった”事業の中で構造的に生み出されるフードロス削減に貢献できるサービスです。楽しみながら福袋の購入を通して、フードロス削減に貢献することが可能です。SDGsやフードロス問題に対し意識の高い方はもちろん、経済合理性(お得・安い)を入り口に商品設計していることから、より広く多くのお客様に受け入れられやすいと考えています。そもそもお客様が欲しいものを提供することで、継続的にご利用いただける仕組みと、「福袋」という楽しさから参加のハードルを下げ、サービスをご利用いただくことで「いつの間にか」フードロス削減に貢献しているというようなシームレスさを実現できました。このサービスが広まれば広まるほど「結果的に」フードロス問題の解決をしているということを目指しています。

※参照

農林水産省「食品ロス量(令和元年度推計値)」https://www.maff.go.jp/j/press/shokuhin/recycle/211130.html
農林水産省「食品ロスとは」https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/161227_4.html#2
農林水産省「食品ロス量(平成30年度推計値)の公表」https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/210427.html

■福袋の購入方法

ご注文方法はとても簡単。お客様にはお好きな大きさの福袋をお選びいただき、その中に必ず入れたい商品をいくつか指定(指定できる商品の数は福袋の大きさによって変わります。)いただくだけで、福袋の中身がその場で確定し、あなただけのフードロス削減福袋が完成します。

<90秒でわかる!おトク福袋の購入方法>

(1)「商品一覧」から必ず福袋に入れたい商品を選択
※商品は一部のみ表示、2022年3月17日時点のラインナップ
(2)お好きな福袋のサイズを選択後、必ず入れたい商品をクリックして、購入手続きに進む

<福袋のサイズ(税込)>
おためし福袋(1,100円)・福袋S(1,980円)・福袋M(2,750円)・福袋L(3,850円)・福袋XL(5,500円)

■「SUKUERU」サービスの特徴/他社サービスとの違い

(1)福袋化によるブランド毀損の回避

従来のフードロス削減のサービスは、メーカーからご提供いただける賞味期限切れ間近の商品が「小売価格の○割引」といった具合に割引率が明記された状態で販売されてしまう関係で、「ブランドの毀損が気になる」というお声を多くいただいておりました。そこで、「SUKUERU」では、福袋にして販売することで、福袋のサイズごとに固定の金額を設定。中に入っている個別の商品がどのくらいディスカウントされているのかを、消費者からは見えない仕組みにしたことで、メーカーが懸念されていたブランド毀損の部分を回避することができました。実際にメーカーにも安心して商品を提供できるとご評価いただいています。

(2)当社でロスが発生しない仕組み

仕入れた全ての商品の賞味期限の管理をしており、自動的に賞味期限の近い商品から福袋に入る仕組みを構築しました。そのため、メーカーよりご提供いただいた商品が賞味期限切れを起こしてしまうことなく福袋化されるため、弊社内でのフードロス回避も実現。スーパーの棚の一番前の商品から手に取っていただく感覚を、「SUKUERU」でも可能にしました。

■「SUKUERU」の展望

現在、当社がメーカーや卸業者より仕入れた商品の一部を「フードサポート」として、自治体やNPO法人との連携による経済的困窮者への食糧支援が始まっています。
「SUKUERU」では、この先1年で、25トン/月の廃棄削減量を目指し、フードロス削減に貢献してまいります

■株式会社ウィナス 会社概要

会社名:株式会社ウィナス
代表取締役社長:浜辺 拓
所在地:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-5-3エルグビル4F
設立年月日:2004年2月17日
事業内容:ソリューション事業・メディア事業・エンターテインメント事業・海外事業
コーポレートサイト:https://www.winas.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ウィナス PR事務局(株式会社IDEATECH内)
担当:福澤・天本
TEL:03-6447-4440
e-mail: winas@ideateich.jp