COMPANY会社情報

VISION
企業理念

オリジナリティの追求ORIGINALITY

ウィナスは、たえず新しい発想でビジネスを創造し社会にインパクトを与えるサービスを提供します。

クオリティの追求QUALITY

ウィナスは、エンドの立場で考え、エンドユーザのニーズを先取りし、共感し、そのデマンドに対して最高のサービスを提供します。

パッションPASSION

ウィナスは、若い豊かな感性と燃える情熱をもって、活気に満ちた企業風土を作ることを目指します。

ORIGIN
由来

社名でもある“ウィナス”とは、With INexhaustible ASpirations(=winas)の略語であり、“尽きることのない向上心”“大志を常に持ち続ける”という意味です。 情報通信産業は激しい変化と成長、発展を続けております。ウィナスはこの激しい変化の中、若く柔軟な体質で、常にエンドユーザのニーズに応えることを目指し、新しいサービス、仕組み、付加価値を提供することに挑戦し続けることを経営方針としております。

また、ウィナスは「エンターテイメントの発信」をコンセプトとしております。インターネットを通じて新しい市場を作り発信できる「エンターテイメントの総合流通業」の実現に向けて、成長と発展を遂げると同時に、お客様と触れ合い、お客様とともに共存し、人々に生きる活力を与えることで発展する未来を創造し続けることに貢献いたします。

ABOUT
会社概要

社名 株式会社ウィナス(Winas, Inc.)
資本金 3,000万円
本社所在地 東京都豊島区西池袋1-5-3 エルグビル4F
連絡先 TEL:03-5956-5450
FAX:03-5956-5451
役員
代表取締役社長
浜辺 拓
専務取締役
山本 宗頼
常務取締役
高橋 佳裕
監査役
村上 孝徳
支社 札幌支社:札幌市中央区大通西9丁目3番33 キタコーセンタービルディング7階
グループ会社 WINAS TECHNOLOGIES INTERNATIONAL PHILIPPINES, INC.
Worldwide Corporate Center
Shaw Boulevard Corner Edsa Mandaluyong Metro Manila Philippines

株式会社OrioN(OrioN Co,. Ltd)
http://co.orion-asia.jp/
関連会社 株式会社Orange ( Orange Inc. )
http://orangeinc.me
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • きらぼし銀行
  • 巣鴨信用金庫
認定番号
  • プライバシーマーク認定番号 10822537(06)
  • 厚生労働大臣許可(労働者派遣事業) 派13-308174
事業内容
  • WEBソリューション事業
  • コンテンツ事業
  • コマース事業
  • メディア事業
  • 広告事業
  • ソーシャルメディア事業

ACCESS
アクセス

東京本社

東京都豊島区西池袋1-5-3 エルグビル4F

TEL: 03-5956-5450 / FAX: 03-5956-5451

池袋駅 メトロポリタン口より徒歩3分

札幌支社

札幌市中央区大通西9丁目3番33 キタコーセンタービルディング7階

TEL: 011-209-1166 / FAX: 011-209-1167

地下鉄東西線 西11丁目駅より徒歩3分

MESSAGE
代表あいさつ

代表あいさつ

ワンストップソリューションをご提供できる「トータルプロデュース」力がウィナスの特徴です

株式会社ウィナス
代表取締役 浜辺 拓

現在のモバイル業界は、スマートフォンの台頭により非常に混沌としており大きな変革の時期に来ております。

モバイル・スマートフォンを取り巻くWEBマーケットはより一層加速し、今後も拡大していくことは間違いないですが、マーケットのニーズはますます多岐に変化・分散しており、かなり厳しい業界になってきていることも確かです。

この激しい市場変化の中で、当社が成長し続けている最大の理由は、画一的な考え方・事業形態ではなく、「トータルプロデュース」というコンセプトで事業展開していることでしょう。

企画・提案から始まり、サイト制作・コンテンツ提供・ソリューション提供、そしてシステム開発及びサイト運用・サーバ運用とワンストップソリューションをご提供できる「トータルプロデュース」力が弊社の特徴でございます。

常にマーケットに視点を置き、消費者ニーズ・企業ニーズのマーケティング分析から「トータルプロデュース」を可能にする企画力、数多くのノウハウを蓄積し、そしてモバイルを知り尽くした技術力が整っている。これがウィナス最大の強みです。

モバイル・スマートフォンという常に身近にあるデバイスを通じて、人々に生きる活力を与え、さらには社会にインパクトを与え、お客様、関係者の皆様には期待以上の結果を出すことで恩返しをしたいと考えております。

今後ともご指導、ご支持の程何卒宜しくお願い申し上げます。